カナダ ウィスラーの個人旅行専門店

気温が下がりアルパインエリアは良い雪です(スノーレポート1月3日)

新年明けましておめでとうございます。また、能登半島地震で被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

本日は、朝にゴンドラでウィスラーマウンテンの8合目まで上がると、ピークリフトや12月31日にオープンしたシンフォニーリフトもリフト搬器を動かし準備万端の様子。年明けのウィスラーは気温が徐々に下がり、昨晩に降った新雪は軽めのパウダーだったようで、標高1600mより上部はソフトな圧雪で滑りやすいコンディションでした。早速、シンフォニーエリアに向かい、急斜面にパウダーが残っていたので滑ってみると、雪煙が舞い上がる軽さ。雪が少ないシーズンとはいえ、降れば標高が高い場所ではクオリティが高い雪も滑れました。

年末、12月30日にはグレーシャーリフトもオープンしていたため、T-Bar以外のリフトは、今シーズンの運行が開始されたことになります。ただし、ゲレンデコンディションは例年には遠く、滑走できない、または滑走できても岩や木などが出ているところがあるので、十分注意が必要です。それでも、一月は気温が下がるとも言われていますので、麓では降雪機が稼働されるでしょうし、コンディションが改善されていくのではと期待しています。

ゴンドラ中間駅から下部は、特にビレッジ近くは土や石が見えるほど雪が薄い場所があり、滑って下るには難しいコンディションですので、現在もゴンドラでの下山がお勧めです。

カナダ/ウィスラーの個人旅行専門旅行会社「JAPANADA」のスタッフが、現地の最新情報やウィスラーでの日常などを配信しています。

新着記事
人気の投稿
タグ一覧
アーカイブ
アーカイブ

関連の記事

swimingbear

休業日のご案内

平素より格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。
誠に勝手ながら、当面の間毎週水曜日を休業日とさせていただきます。

休業日に頂戴したお問い合わせについては翌営業日以降の対応となります。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。