お客様より戴いたお手紙やメールをご紹介させていただいています。
お便りをお寄せくださった皆さま、ありがとうございました!

SARSの懸念から旅行中止を余儀なくされた方々が大半を占めたこの夏ですが、そんなこたぁ~気にしないよ、と遊びに来てくれた人たちもたくさんいました。ここで改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。そんな勇気溢れる?お客様から届いたお便りの一部をご紹介致します。

<2009/05/08更新>

ウィスラー旅行記・お客さまの声 2003年度・夏・秋編

2003年10/12、バンクーバーに長期滞在中の1日、ウィスラーでドライブ観光
を楽しまれた東京都在住の伊藤さん、土肥さんからのお便り。

 雨にも関らず、きれいな滝や湖など、目いっぱい見させていただき、楽しむことができました。綺麗な紅葉と共に、忘れられない半日となりました。
 有難う御座いました。

2003年10/3、一人旅の途中、初めてのロッククライミング
に挑戦した、東京都在住の椎木さんからのお便り

月日がたつのは早いもので、私がウィスラーに行ってから、1週間が経とうとしています。カナダ滞在が9日であるにもかかわらず、バンクーバーを拠点にビクトリアにウィスラーにと足を延ばしたため、結構バタバタして、あっという間に過ぎ、自分がカナダにいたのがウソのようです。あっ、とは言っても、柳沢さんが連れていってくれたレインボーレイクの静けさは鮮明に覚えていますよ!

 今回の旅行中は私にとってロッククライミングがメインイベント。ご指導していただいてありがとうございました。他人の人生というと大げさですが、記憶に残る仕事ができるってスゴイ事だと思います。これからも、いろいろな人の思い出作りのお手伝いをしてあげてください。やりがいのある仕事ですね!

 クライミングも面白かったけれど、映画好きの私には、「バーティカルリミット」の裏話に大変興味をそそられました。今度もっと詳しい話しを教えて下さい。
 そういえば、ウィスラーで初雪があったとか。お身体に気を付けて、趣味に仕事に充実した日々をお過ごしください。

2003年9/8から28まで、3週間滞在された
東京都在住の井上さんご夫妻からのお便り

先日貴地を訪れた井上です。 9月29日に無事横浜へ戻りました。着いてから3~4日は時差の関係で、朝早く目がさめてなんとなくぽけーとしていましたが、やっと調子が戻ってきました。

ウイスラー滞在中は何かとお世話になり、有難うございました。初めてLONGSTAYでしたが、恵まれた環境の中で、大変楽しく過ごす事ができました。次回は冬に行きたいなと話しています。

 帰ってきてゴルフや食事会で友人、知人と会ってウイスラーの話をしますが、3週間の滞在と素晴らしい自然に恵まれた環境の中でのアクティビティーは皆をうらやましがらせています。 そちらでは毎日よく歩いたお陰で、二人とも2~3キロ体重が落ちましたが、小生は1週間で元にもどり、悲観しています。こちらでもこれから精をだして歩くつもりです。

これからそちらではウインターシーズンを迎えて忙しくなる事と思いますが、どうか元気でご活躍ください。またお会いできるのを楽しみにしています。

2003年9/25 ウェスタン乗馬に参加された
北海道在住の牛垣さんからのお便り

小林さん、柏さん、先日はありがとうございました。

国外での乗馬は、今回が初めてでした。何処を見ても絵葉書の風景になるカナダの自然の中を、風を切って走り抜ける爽快感はたまりませんでした。

乗馬の後、川を遡上する鮭を見ながらロデオの元ワールドチャンピオンのウエインさんと話せたことは良い思い出になりました。もちろん小林さんの通訳付きですが・・・。 ウエインさんも私も歳を取りすぎる前にもう一度訪れたいと思いました。その時はまたよろしくお願いします。

小林さんって写真撮るの上手いですね。
ありがとうございました。

2003年8/15 ウェスタン乗馬に参加された
神奈川県在住の石田さんご家族からのお便り

JAPANADAの皆様、こんにちは。
 8月10日からの一週間、お世話になりました石田です。おかげさまで家族3人、楽しい時間を美しい自然の中で過ごすことができました。本当にありがとうござました。

 日本出発前からメールで、宿泊、バスの予約からアクティビティの情報まで親切丁寧に対応いただきましたので、安心してウィスラーに向かうことができました。
とはいえ、スケジュールを決めていたわけではありませんでしたので、天候や体調を考えてその日のスケジュールを決めましたが、やはりスタッフの皆様のアドバイスが大変役に立ちました。

 特に下の子がまだ小さく、年齢や体重に制限のあるアクティビティ等はできませんでしたが、それ以外でできるものを選びながらチャレンジしました。その中でもZIPTREKと乗馬は日本ではなかなか経験できないので大興奮でした。ZIPTREKでは、体重の軽さのためロープの途中でストップしてしまい、地上数十メートルのところでレスキューを待つこともありましたが、涙を見せながらも最後までやり通せたことが、またいい経験になったようです。

 乗馬でも、初めてにもかかわらず、調教の行き届いた毛並みのいい馬(サンシャインという名前だとか・・・)にまたがり、MAKOTOさんの丁寧なガイドやウェインさんのやさしい指導もあって、木洩れ日の林の中を通り抜け、涼風吹きぬける川を渡り、時に小走りに馬を走らせ、おしりが痛いと言いながらも、なんとも言えない充実感のある経験ができたようです。帰りの車の中でMAKOTOさんが用意してくれたジュースが本当においしかったです。

 もちろんWhistler MountainのハイキングやBike Trailも心地よい疲れの中に清々しさを感じることができました。また、宿泊はJAPANADAさん特選のコンドミニアムで毎日新鮮な食材を買い込んでは、とびっきりの夕食を味わいながら、サウナで疲れを癒すこともできました。

 今回の旅はいつもの旅とは少し違う時間のすごし方を楽しむことができたように思います。時にアクティブに、時にゆったりと、時間の流れを気にすることなく、開放感を味わうことができたと思います。

 毎日何をしようかとなかなか3人の意見がまとまりませんでしたが、最後は「日本に帰りたくないね。」と気持ちがひとつになった旅となりました。これJAPANADAのスタッフの皆様のおかげです。冨原さん、柏さん、いろいろ丁寧に教えていただきありがとうございました。また機会を見つけてウィスラーに行きたいと思います。その際にはまたいろいろ教えてください。
それでは、また…。

2003年8/13 1日欲張りプラン「山」にご参加された
バンクーバー在住のY.Yさんからのお便り


こんにちは、一昨日ウィスラーの1日コースでご一緒したY.Yです。覚えていらっしゃいますか? 昨日の昼前に家族がバンクーバーを出て、僕はとりあえず一安心です。えーと、今回の旅の感想ということで、ウィスラーに着いたあたりから記して行こうかと思います。

 ウィスラービレッジに到着したのが朝の8:00前。 その日の朝5:30にバンクーバーを出たのでバスの中では熟睡していました。 バスを降りたら目の前に太陽の輝く夏の山の景色が広がって綺麗なことこの上なかったです。 小林さんに会った後で聞いた話ですが、この村はディズニーランドをデザインした人がデザインしたということらしいですね。 山々に囲まれた高原にあるディズニーランドに夏の朝にバスから降り立ったらこんな気分なのでしょう、きっと。

 さて、バスを降り立って程なくしてツアーコンダクター(でしょうか?)の小林さんと出会い、料金の支払いを済ませてから早速小林さんの運転する車で出発です。
最初は綺麗な景色を車内から楽しんでいたのですが、まだ寝足りないのか速攻熟睡。 気がついたらもう乗馬をするポイントに到着。 その間の景色はまた次に、ということで・・・。

 今回の旅は朝に乗馬、昼食後にウィスラー周辺の観光、その後にショートハイキング、というスケジュールでした。 車を降りるとニワトリ、ガチョウが木陰で一休みしていて、左に見える建物の前には馬が繋がれていました。 ウェインさんという織田裕ニ似の方に先導されて早速馬とお散歩。

母と姉と叔母と来たのですが、運動の苦手な母にもウェインさんや小林さんが親切に教えてくれたのでみんなで楽しく馬に乗ることが出来ました。 1時間30分くらい乗っていたのでしょうか、林を抜け、川沿いを歩き、牧場を通り、今度は川の中を歩く。 周りに広がる景色はもう驚きの一言ですよ。 馬に乗ると視線が少し高くなるので気分が元から違いますし、ゆったりしながら本当に心を落ちつかせることが出来ました。

 ウェインさんに別れを告げてまた車で移動。 そして僕は熟睡。 今度気が着いた時には湖への入り口でした。 小林さんがお昼を用意してくれていて、何年か振りのピクニックのような気分で楽しく昼ご飯を食べることが出来ました。 その後にとある湖へ(名前忘れちゃいました(汗))。 緑色のその湖は氷河から出る水の成分がどうのこうの。 気になる方は小林さんに聞いて下さい。 そんなことはどうでも良くなるほどに綺麗な湖でした。

 さて、ショートハイキングへと向かいましょう。 言わずもがなまた車の中で爆睡していた僕ですが、ハイキング中はもちろんそうは行きません。 30分くらい歩いたでしょう、また名前を忘れたのですが、よく分からない形をした滝に出会いました。 まるで形容できないので実際に行ってその訳の分からなさに驚いていただくことをお薦めします。

 僕はともかくあまり激しい運動には向いていない母親にもちょうどいい運動になったのではないでしょうか。 僕もまたちょうど良く疲れたので、ビレッジへと戻る車ももちろん熟睡です。 ウィスラーの綺麗な景色は皆さん自身で体験してください。

 終わったのは4時前。 小林さんとはお土産屋さんの前でお別れしました。 とってもいい体験が山積みの1日。 バンクーバーへ帰るバスで寝たことは言うまでもありません。

 今回のウィスラー、本当に楽しかったです♪
ありがとうございました☆

2003年6月上旬、ロングスティプランで滞在され、ハイキングを
楽しまれた埼玉県在住のT.Kさんご夫妻からのお便り

小林様                    

 無事帰国して爺婆の珍道中完了しました。
足元不確かな二人を面倒みていただき感謝します。身体はまだカナダ時間でまだぼんやりしておりあと片付けが進みません。オリンピックまで街も大きく変わり必ずしも良いことばかりではないでしょうが商売繁盛を祈念いたします。

まずはお礼まで。