ラストフロンティア・ヘリスキー 参加者の声

Tour Date: 2015年 Week-06 Safari / 1月30日~2月6日

ラストフロンティで滑るエリアに2つあるベース、ベル2ロッジとリプリークリーク。 そのどちらかでまず3日間滞在し、4日目にもうひとつのベースに向かって移動。 そして残りの3日間を別のベースで過ごす「サファリツアー」に参加された小島様からのお便り。 今シーズンは記録的な雪不足。 標高の低い場所では特に雪がなく、林間滑走はかなり限られた条件の中で過ごされた1週間でした。










小島様から戴いたお便り

 

 こんにちは。 今回初めて参加したラストフロンティアヘリスキーですが、全体を通じての感想としては、とても幸せな時間を過ごせたなー、ということです。 滞在中に割合運よく降雪のタイミングとあって、それなりにパウダーにあうことができ、北海道行ってもここまでのドライパウダー(シルキー?という表現をされてましたが)にはめぐり会えないように思います。

 

 滑り以外のところですが、今回はSafariツアーにしたのも大正解だった気がします。 Bell 2とRipley、どちらも良かったのですが、特にRipleyはこじんまりとして、アットホームな雰囲気がとても良かったです。 Ripleyからスタートしたことで、自分もいれて15人がチームRipleyみたいな感じで。 Bell2に移動してからも、ひとテーブルで夕食をともにしたりしていました。 いろいろ勝手が分からない中で、そのメンバーのみなさんにはなにかと助けてもらいました。 食事もおいしかったですし、施設もよかったですが、Ripleyのホテルでは上階の物音がちょっと気になりました。

 

 あとこれはどうしようもないと思いますが、日本と現地までの移動をもう少し効率的にできたら、もっといいんだろうなー、というのがありました。 休みがギリギリしかとれない日本人だけの悩みかもしれませんが。

 

 最後に改めて思ったことですが、日本人にとっては休みを長期にとれないという物理的な問題と、最近の円安で、料金的にかなりハードルは高いのでは、というのが正直な感想です。 日本もトップシーズンはそれなりの雪質がどさっーと大量に降りますし、わざわざカナダまで行く必要あるの? という疑問を持つ方もいるでしょう。 でも、今回思い切って参加してみて、行く価値あるよーと言いたいですね。

 

 円高に振れてもう少し安く行けて、休みが取れれば近いうちにまた行きたいなーと思ってます。 というくらい、良かったです。