ラストフロンティア・ヘリスキー 参加者の声

Tour Date: 2012年 Week-00 / 12月23日~30日

パウダーフリークとして毎年のようにウィスラーへ通うこと15年! ついに夢を実現させて参加された矢野さんと宮田さん。 どうせ参加するなら大勢のほうが楽しいだろうと、お二人のご友人も誘って来てくれました。 記録的な大雪が続くシーズンインのラストフロンティアでパウダー三昧の1週間を過ごしたお二人とご友人のTさんから戴いたお便りです。


矢野さん

宮田さん

Tさん

Mさん

ランチ休憩中に激しくなる降雪

夕方になってますます激しくなる降雪

森の中はふかーくやわらかい極上のパウダー

ヘリの前で記念撮影

ルンルンルン♪

ロッジ支配人からのクリスマスプレゼント

矢野さんから戴いたお便り

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

行こうと決めてから行くまで長い時間がかかりましたが、日本に帰ってきて思い出すと、ほんとうに想像以上の場所でした。 晴れた日の山頂からの景色が綺麗で、景色を見ながら誰も滑ってないPowderを滑るのは最高に気持ち良かったです。 日本ではアレだけ長い距離のPowderを滑れることがないので、異次元の感覚でした。
最終日にラス1の声を聞いたときはほんとうに哀しかった・・・。 もっともっと滑っていたかったです。  ロッジのスタッフはみんなフレンドリーで優しくて食事も美味しく、アッというまに楽しい時間は過ぎてしまいました。
今度はいつになるかわかりませんが、楽しい時間をありがとうございました。

矢野

宮田さんから戴いたお便り

あけましておめでとうございます。 ラストフロンティアではいろいろお世話になりました。

日本のスキー場では運がよくてもほんの何回しか味わえない「フワッ」とスキーが浮く感覚が永遠とつづくことが楽しくて最高でした。 普段は滑ってる時にあまり声を出すことはないのに、「ヤァー!ワァー!」と自然に叫んでしまいうるさかったと思います。 でもそのくらい楽しかった。
それと、ロッジの食事も最高でしたが、山の中で食べる毎日のランチの暖かいスープやツナサンドがめっちゃ美味しかったことに感激しました。 ただの食いしん坊?

宮田

Tさんから戴いたお便り

ラストフロンティアではお世話になり、ありがとうございました。
貴重な体験と、夢心地の時間を過ごさせていただきました。 感動することや、新たな発見がたくさんあって、本当に素晴らしいスキーでした。 送っていただいた写真を見て、改めてドキドキしています。
新雪を滑るあの浮遊感は何ともいえない快感で、スキーの本来の楽しみを想いだしました。 静かで誰もいない山に抱かれながら、自然を楽しませてもらっている時間は最高に幸せでした。


スキー以外にも私は個人的に、Josさん(注釈:LFHガイドのひとり。世界最初の女性国際山岳ガイド)の笑顔と仕事ぶりが、とても印象に残りました。 職種は違いますが、同じ女性として仕事をしていく難しさや歯がゆさや悔しさや、いろんなことを勝手に想像し、同化してしまいました。 でも彼女のたくましさを見習わなくっちゃ!とも思いました。 まあ、私も充分たくましいと周りは認識していると思いますが・・・。 彼女のように、男性にも負けないようにしっかり責任ある仕事を頑張っているのは、格好いいなあ~と思います。 次に会われる時には、どうかよろしくお伝えください。

 

また、クリスマスパーティでは、名前の刺繍が入ったプレゼントまでいただき、Mさんともメッチャ感動しました。 スタッフの皆さんのきめ細やかなお心遣いがとても嬉しかったです。
決死の覚悟で決行した旅行で、人生最初で最後かな!?と思っていましたが、ラストフロンティアの素晴らしさと、自分のふがいなさで、体を鍛えなおして、是非リベンジしたい気持ちがどんどん強くなっています。

 

送ったいただいた写真を見て、素敵な時間を想いだし、又仕事を頑張るエネルギーを蓄えることができました。 ありがとうございます。 これからが、シーズン本番ですが、お体に気をつけて、山を駆け回ってくださいませ! 私も当分は日本の山で、毎週滑りまくります。 本当にありがとうございました。
ではまた!

Y.T.