ラストフロンティア・ヘリスキー 参加者の声

Tour Date: 2007年 Week-04 / 1月19日 - 26日

普段はよく八甲田で山スキーを愉しんでいるTさんご夫妻と、山スキー仲間のKさん。 体力は?マークだけど、とりあえず行ってみようのノリで(?)参加していただきました。 しかし、そこで待っていたのは、「どうして来ちゃったの?」とだれもが思ったイギリス人なんちゃってスキーヤー、ミスタービル! 文字通り雪まみれになりながら日英の友好を深めた、涙あり(ビルだけ)笑いありの1週間でした。


さぁ、いざゆかん! ファットスキーで武装した女性軍

朝陽を浴びて、滑り出す前にパチリ。

ほとんど埋まっているTさん

ツリーモンスター(樹氷)

だんだん調子が上がってきたKさん

気持ちよさそうに滑るEさんを連写

窓の外はしんしんと降り続ける雪・雪・雪・・・

ヘリが飛べない日は気分転換にスノーシューイング

雪がやんだらご覧の深雪。救助隊長はTさん

Tさんに助けられ笑ってごまかすビル

隊長のおかげで全員無事帰還

もう、オレ知らんからねーと滑り去るT隊長

Tさんからのメッセージ

きっかけはスキージャーナルの記事でした。 何度誘っても「ウン」と言わなかった奥方が大いに乗り気!(ナゼ?)

八甲田山スキーの友人と3人で参加。 しかし、この体力のないオバさん2人を連れて、ダイジョウブカァ? けっこう不安でした。

LFHは小型のヘリコプターを使用するので、1グループは最大5人のクライアントと1人のガイドとなります。 毎日10本近く滑れば、距離はあるし、ふかふかの深雪ではニンマリ。 ツリーランでは、はぐれそうにもなりました。 テールガイドはいないので、巨漢のイギリス人、ビルを助け起こすのがこれまた大変。

しかし数日たつうちに、この広 ーー い山々を我々15名だけで独占している実感がジワジワ。 大自然にスッポリとつつまれたなんともいえない幸福感。 テレビもなく電話もかかってこない。 あるのはチラチラ燃える薪ストーブの火と、お気に入りの本、それと雪・雪・雪。

これは日本でどうがんばっても得られない環境。 ぜいたくな1週間でした。 居心地のよいロッジ、とても美味しい食事。 親切なスタッフ。 この料金は決して高くはない。 とはいえ、何度も行けるはずもありませんが・・・。 その後も国内のスキー場へ行けば楽しいのですが、なにか物足りなさを覚えます。

そこで! ナナーンと、来シーズンも再び行くことに決定! 老後のことはとりあえず考えないことにし、そして今度はもっともっと楽しんで滑る(??)つもりです。

ここで、これから行こうとしている人へのアドバイス。

  • 体力、技術はあった方がより楽しめるが、すこし欠けていても十分楽しめます。
  • 気温は暖かいこともあるので、薄めのウエアーを重ね着して調節するのがよい。
  • ヘリが飛ばない日のためにお気に入りの本を持つこと。
Tさんプロフィール
  • スキー歴:30年(自称ちょっと上級)
  • 年間平均滑走日数:17日くらい
  • 年齢:57歳
Eさんプロフィール
  • スキー歴:十数年(自称中 - 上級、体力なし)
  • 年間平均滑走日数:上にいっしょ。17日くらい