ラストフロンティア・ヘリスキー 参加者の声

Tour Date: 2007年 Week-01 / 2006年12月29日 - 2007年1月5日

この年の年末年始は、直前になって予約状況に大幅な変更が発生。 シフトの都合で柳沢が不在となり、皆様にはご迷惑をおかけしました。 しかし、そうだったから余計に楽しかった、という声もあるとかないとか(?)。 真偽のほどはさておき、東京都在住のSさん、Aさんからお寄せいただいたお便りです。

Sさんからお寄せいただいた体験記

こんにちは、Sです。

あの楽しい時間があっという間に終わってしまってから既に、2週間が過ぎてしまいました。 
あの興奮から現実の世界に戻って、そして、昨日志賀高原で滑って来ましが、そのへんも含めて、今、思うことをメールしたいと思います。

まず、LFHに参加する前に、参加する条件として思っていたことは: (以下、友人に出したメールの内容です)

  • お金があること。
  • 暇なこと。
  • スキーがそれなりなこと。
  • 1週間もスキーをやろうとする変わり者なこと。
  • カナダまで行く勇気があること。
  • 友人にうらやましがられても、他人は他人とし割り切り好き勝手に生きられること。

と書いています。 これが、参加した後の感想は、

  • やはりとってもスキーが好きなこと。
  • 1週間は、すぐに過ぎてしまったこと。
  • 志賀高原とは、なにもかもが別、なこと。
  • 毎年は行けないが、また行ってみたいと思ったこと


ちょっと説明すると、私はそんなにスキーを好きではないと思っていました。 国内では志賀高原が好きで(ここ以外は面白くないので)良く行くのですが、1回の日程は2日で十分と思っています。 3日目になると飽きてしまい帰りたくなってしまいます。 ところが、LFHでは1週間連続でも飽きることがなく、とってもスキーが好きなのだと実感しました。

志賀高原とLFHとは別物、とは、同じスキー(ゲレンデ用と新雪用は違うが)を履いていながら、同じ尺度で比較してはいけないとの観点に立って、別ものだと気が付きました。 

自称”大胆不敵な中級者”の私のスキーの基本テーマは、レースでもなく、基礎スキーでもなく、”雪遊び”です。

新雪、こぶ斜面、春のザラメ雪、整地されたゲレンデ、整地されたゲレンデに新雪が少し積もりターンのたびに、キュと音がするゲレンデ、樹の中の斜面、転んでひっくり返っているとき、等、すべて”雪遊び”の一つ一つとして楽しんでいます。

日本のスキー場では制限は有りますが、パトロールに怒られながらそれなりに楽しめます。 

でもLFHは、これらのもの(全ての場面を体験してはいないが)はスーパが付くほどのレベルの高さで雪遊びを楽しむことが出来ます。

私は、ほとんど思いつきで(昨年の11月頃)、突然参加しようと思い、迷うことなく、友人を誘い参加しました。 参加して、実際に行って見てそこの空気を吸ってスキーをしないと、本当のとことは分からないと思います。

なんでもそうですが、やってみるのが一番だと思ました。 

それと、自分なりに分析したスキーのレベルですが、カナダまで行ってヘリスキーをやってみようと思う人であれば、問題ないかと思います。 (私のレベルを考えてコースを選んで貰ったのだと思いますが!)


最後に、貴殿には、サイドからのサポート本当に助かりました。 ありがとうございます。(空港で頂いたおにぎり、心がぬくもりました。重ねてありごとございました。)

ツアー費用が高額なのと、それの受領がなかなか来なく、この辺が一番の心配事でした。 LFHとして改善して頂ければと思います。 この件に関してもサポートありがとうございました。(Kiraのお母さんが、予約関係のコンピュータ処理を仕事とすると言っていましたが改善されるのかも?)

それと、遅れてしまいましたが、今回のガイド(フランツ、イケさん、ミヒャエル)さんから、貴殿に”Say hello"と伝言を貰っていました。

Bell2のスタッフの方々にも、とても美味しい洋食ありがとうとお伝え下さい。(今までの経験の中で、海外においてもっとも食事が美味しかった宿です。春巻きが抜群でした。)

また、いつか一緒に雪遊びをしましょう。

 

Sさんプロフィール
  • スキー歴:30年(ずぅーと続けている) 
  • 年間平均滑走日数:10 - 20日 
  • 職業:会社員(休みは普通の土日祝日しか取れない。今回の参加も正月休みを利用) 
  • 年齢:50歳(自分への50歳記念として参加)

 

Aさんからお寄せいただいたコメント

今回Sさんとともにラストフロンティア・ヘリスキーに参加しました。その際の雑感です。

  • 努力の伴わないスキーヤーにとって深雪を沢山滑れるのはヘリスキーである。
  • 食事が美味しく豊富でデブになりそうである。
  • 地図上に記されていたエクスタシーと言うコースを滑れなかったのが残念。
  • 英語が出来ず、コミュニケーションは困難でしたが、なかなか面白いガイドさん達でした。

 

Aさんプロフィール
  • スキー歴:40年
  • 年間平均滑走日数:15 - 20日
  • 職業:会社員
  • 年齢:52歳