いろいろ思い悩みながらも夢を実現させ、ウィスラーでの100日間を過ごした参加者に、シーズン中の暮らし振りや心境などを聞いてみました。

ウィスラー旅行記・お客さまの声 2002/2003年度・100日プログラム編

声を寄せてくれた主人公: Mr.K.T.

100日プログラム参加までの準備・到着段階

どこでこのプログラムを知りましたか?
スノーボード雑誌。
参加する事を決めた理由は?
一度海外で滑ってみたかったから。 一人旅がしてみたかったから。それと、働いていた会社にずっと居るより、100日に参加した方が得る物が大きいと 思ったから。
準備段階での出来事、心境は?
海外でこんなに長く滞在するのは初めてだったので、何をどれだけ持って行ったらいいか分からなかった。 ホームスティ先が中々決まらなかったので不安だった。
出発してバンクーバー国際空港までの出来事?心境は?
期待と不安でいっぱいだった。 飛行機の隣の席が日本人だったので色々と話ができて楽しかった。

滞在を振り返って

「ホームスティ」:来る前に思っていた事と現実の違いは?
でっかい家と思っていたが、割りと小さかった。 子供はすごくませているのかと思ってたけど、とても素直ないい子だった。
100日間を振り返って・・・感想は?苦労したこと、楽しかったこと何でもどうぞ。
日本では滑れないような所も滑れたし、日本人や外国人の友達もできたし、本当にいい経験ができたと思う。100日では足りない! もっと居たい!!
<今後の参加者へ一言>
きっといい経験ができると思います。 ぜひ参加してください。
< Japanadaスタッフへ>
色々お世話になりありがとうございました。 特に八起さんには友達を紹介してもらったり、相談にも乗ってもらったり…。 本当に楽しかったです。 ありがとうございました!