<2017/04/03更新>

入り江に散らばる大小の島影は、海に暮らす動物たちの安息地。 岩場にくつろぐトドの群れ。 潮を吹き上げながら通り過ぎるのはクジラの親子。 風に遊ぶ白頭ワシ。 好奇心旺盛なアザラシが突然船首の先に顔を出し、大きな瞳で見つめます。 カヤックだから出会える風景がぎっしり詰まったブロークンアイランド。 そんなカヤッカーの理想郷を楽しむプラン( プランA / プランB )があります。

ブロークンアイランドについて

ブロークングループアイランドはバンクーバー島の西海岸、カナダ最初の海洋国立公園として制定されたパシフィックリム国立公園に属する100に近い小島群の総称です。  ロングビーチがある公園の北側とウエストコーストトレイルのある南側を隔てるバークレー湾。 湾の外側に点在する島々が太平洋からの荒波を受け止め、その内側に波静かで風光明媚な風景を創りだしています。

 

外洋に面した荒々しさと、島を隔てた内海の静けさ。そこでは自然の中に身をおくと感じる緊張と開放感そのままの両極端な二つの表情を見ることができるでしょう。 大小の島が密集する入り江の中は、海に暮らす野生動物にとって、ときには人にとっても格好の隠れ家。 ハーバーシール(アザラシ)、カリフォルニアシーライオン(トド)、キラーホエール(シャチ)、グレーホエール(クジラ)、イルカ、オッター(カワウソ)などが豊かな表情を見せてくれます。  夕陽が落ちたら流木を集めてキャンプファイヤー。 暗闇の中から時折聞こえてくるのは浅瀬で遊ぶクジラの音。 空には満天の星がきれいです。

インフォメーション

バンクーバーからの所要時間 バンクーバーの市街からフェリーでバンクーバー島(ホースシュ-ベイ-ナナイモ)へ渡る時間も含め、ポートアルバーニまで車で約4時間、トークォートベイまで約5時間半。
カヤック グラスファイバー製のカヤックには一人用のシングル艇と二人乗り用のダブル艇があります。どちらも安定性には優れていていますが、ダブル艇はシングル艇に比べ二回りほどサイズも大きい分より安定感があります。 全く経験がなく体力的にも不安な方は経験者の方と組んでダブル艇を使用されると良いかもしれません。 平均的な目安としてカヤックでの移動スピードはおおよそ1時間4km程度です。
参加可能技術程度 水が怖くて仕方ないという方以外誰でも参加可能です。 シーカヤックの経験は問いません。 参考日程にあるキャンピングトリップは上級者、ロッジ泊トリップは初級者向けという区別もありません。どなたでもお好きな方のプランに参加可能です。
宿泊施設 公園内には全部で8箇所のキャンプ場が設けられ、それらを利用しいくつかのキャンプ場を移動する旅と、船でしか行くことができない海岸沿いのロッジに泊まり、そこをベースに楽しむ方法があります。 

このページのトップへ戻る

プランA キャンピングトリップ 8日間

カヤックでの総移動距離は参加者の体調や天候に合わせ、実質4日半の間に50kmから120kmくらいの範囲で柔軟に調整可能です。 下記日程は初級クラスの人でも無理なく移動できる参考例として組んであります。特にカヤックの旅ではカヤックへの荷物の積み込みに時間がかかるため、キャンプ地の移動は最低限にとどめ、なおかつ有効に周辺のポイントを探索できるように考えてあります。 その点タレット島はブロークンアイランド群島のほぼ中心に位置しているので、そこをベースに毎日違う方角に出かけられる理想的なキャンプ地といえます。 従って体力的に余裕のある方はさらに遠出して、外洋に近いポイントまで廻ることも可能なプランです。 

プランA モデルプラン

1日目 日本出発。 同日バンクーバー国際空港到着。 車にてポートアルバーニへ向け移動。(ホースシューベイ-ナナイモ間はフェリー、航行時間1時間35分)ポートアルバーニのロッジにチェックイン。夕方食料品などの買出し。

ポートアルバーニロッジ泊
2日目 朝食後、トークォートベイへ向け出発。(所要約1時間半)レンタル業者からカヤックを受け取りカヤッキングに出発。 移動距離約14km タレット島キャンプサイト泊
3日目 ベンソン島、クラーク島周辺を探索。 移動距離約8-12km タレット島キャンプサイト泊
4日目 エフィンガム島、ダイスボックス島周辺を探索。

移動距離約12-20km タレット島キャンプサイト泊
5日目 ハンド島へ移動。 移動距離約8-15km ハンド島キャンプサイト泊
6日目 トークォートベイへ移動。 レンタル業者へカヤックを返却後、バンクーバーへ向け移動。 移動距離約8km バンクーバーホテル泊
7日目 空港へ移動。日本へ向け出発。

機内泊
8日目 日本到着。お疲れ様でした。

 

参加料金および規定 2017年度

集合場所 バンクーバー
最少催行人数 4名様
定員 10名様
ツアー料金 お1人様: $2,980
6名様以上のグループは上記料金の15%オフ 。
料金に含まれるもの レンタルカヤック(グラスファィバー製の一人または二人艇、 パドル、PFD、ロープ、レスキュー用フロート、ポンプ、スポンジを含む)
キャンプ道具レンタル(2人用テント、寝袋、ウレタンマット、ストーブ、調理用具など)
キャンプ場使用料
車とフェリーよる移動費
キャンプ中の食費(4日間)
宿泊費
カヤックガイド1名
税金
料金に含まれないもの キャンプ以外の食事代
ツアー中の酒代
キャンプ用の個人装備(別紙参照
日本からの航空券
緊急時の救援費(海外旅行保険には必ずご加入ください)
申し込み規定 ホテルやロッジ、カヤックなどのレンタルに対しすべて予約金が必要になるため、お申し込み時にお1人様$500カナダドルの予約金をお支払いいただきます。 
キャンセル規定 ご予約金の$500は原則として返金できません。 ツアー催行日から30日-15日前のキャンセルはツアー代金の50%。 それ以降のキャンセルについてはツアー代金の全額をお支払いいただきます。

プランAの先頭へ

このページのトップへ戻る

プランB ロッジ泊トリップ 8日間

 キャンプは苦手という方にはブロークングループアイランドのすぐ目と鼻の先に建つセチャートロッジに泊まり、そこをベースにシーカヤックを楽しむプランをご紹介します。

 

この周辺の海域はその昔捕鯨が盛んに行われ1905-1917年にかけては捕鯨船の基地が設けられていました。 閉鎖後、長いこと人々からその存在は忘れ去られていましたが、理想的なシーカヤックを楽しめる場所として年々訪れる人の数が増えるに従い1945年にポートアルバーニの製材所事務所として建てられその後放置されていた建物を現在の場所へ移し、また内部の改装を施して、船でしか行くことのできない僻地のロッジとして1995年度から新たに営業が始まりました。

 

ロッジへは週4便(夏季)ポートアルバーニから出航する定期船で行くことができます。 細く続く入り江のクルーズを2時間ほど楽しむとセチャートロッジに到着。 ロッジには町のホテルにあるような至れり尽せりの快適さはありませんが、泊り客だけで過ごす静かで落ち着いた雰囲気があります。 またロッジから水上タクシーを利用すれば、体力、技術に自信がない方でも遠出を楽しむことができます。 朝、水上タクシーにカヤックを積み込み、お気に入りの場所で降ろしてもらい、夕方また迎えに来てもらいます。

 

ロッジ泊とキャンプ泊、両方を組み合わせても面白い旅ができます。 快適に、でもちょっとワイルドにシーカヤックの旅を楽しみたい方にはお勧めのプランです。 詳細はお問い合わせください。

プランB モデルプラン

1日目 日本出発。 同日バンクーバー国際空港到着。 車にてポートアルバーニへ向け移動。(ホースシューベイ-ナナイモ間はフェリーに乗船、航行時間1時間35分) ポートアルバーニのロッジにチェックイン後、カヤックのレンタルショップで出発前の必要事項について確認。  ポートアルバーニロッジ泊
2日目 朝食後ポートアルバーニの桟橋へ移動。 M.V.レディローズ号へ乗船、セチャートロッジへ(航行時間2時間) ロッジへチェックイン後周辺のカヤッキングに出発。約2-3時間の腕慣らし。 移動距離約5-10km セチャートロッジ泊
3日目 ジャービス島、ギブラルター島周辺をカヤッキング。 移動距離約10-16km セチャートロッジ泊
4日目 ハンド島、ブラバント島周辺をカヤッキング。 移動距離約10-16km セチャートロッジ泊
5日目 タートル島、タレット島周辺までカヤックで遠出。 帰路はウォータータクシーでロッジへ。 移動距離約12-15km セチャートロッジ泊
6日目 ロッジ周辺のカヤッキング。  午後3時30分ロッジ発のM.V.レディローズ号でポートアルバーニへ。カヤックを返却後、ナナイモへ移動。 移動距離約5-10km ナナイモ泊
7日目 空港へ移動。日本へ向け出発。 機内泊
8日目 日本到着。お疲れ様でした。

※ロッジへのフェリー運行スケジュール上、モデルプラン通りの日程が組めない場合があります。 詳細はお問い合わせください。

参加料金および規定 2017年度

集合場所 バンクーバー
最少催行人数 4名様
定員 10名様
ツアー料金 お1人様: $3,860
※1人部屋希望の場合の追加料金: お問い合わせ下さい。

6名様以上のグループは上記料金の15%オフ。
料金に含まれるもの レンタルカヤック(グラスファィバー製の一人または二人艇、パドル、PFD、ロープ、レスキュー用フロート、ポンプ、スポンジを含む)
車とフェリー
M.V,レディローズ号による移動費
宿泊費
セチャートロッジ宿泊中の食事
ウォータータクシー代
カヤックガイド1名
税金
料金に含まれないもの セチャートロッジ宿泊中以外の食事代
ツアー中の酒代
日本からの航空券
緊急時の救援費(海外旅行保険には必ずご加入ください)
申し込み規定 ホテルやロッジ、カヤックなどのレンタルに対しすべて予約金が必要になるため、お申し込み時にお1人様$1,000カナダドルの予約金をお支払いいただきます。 
キャンセル規定 ご予約金の$1,000は原則として返金できません。 ツアー催行日から30日-15日前のキャンセルはツアー代金の50%。 それ以降のキャンセルについてはツアー代金の全額をお支払いいただきます。
  • 参加に際し、「請求権放棄同意書」へのご署名が必要です。 (18歳未満の方が参加される場合は、保護者の署名が必要です。)
  • 保護者の方がご一緒に参加されない場合は、事前の署名が必要となります。  事前に署名をいただけない場合、ツアーにご参加いただくことが出来ません。 お申し込みの際に必ずお知らせください。
  • 記載の料金はすべてカナダドル表記となります。

プランBの先頭へ

このページのトップへ戻る

個人装備一覧

アイテム プランA プランB
ポリプロピレンなどの速乾性の高い素材の下着

フリースジャケット&パンツ

濡れてしまった際の着替え一式 雨具(しっかりとしたジャケットとパンツ)

ベースボールキャップなど日差しをある程度さえぎる帽子

防寒用のフリースまたは毛糸の帽子 サングラス

グローブ(パドリング用の滑らないものと軍手)

フリースのソックス

スポーツサンダルまたはブーティ(底の厚いもの)

ハイキングシューズまたは運動靴

ドライバッグ(20-30L程度の大きさ×3)

ナイフ

ライター

時計(防水性の高いもの)

水筒

常備薬

ヘッドランプ(予備電池)

洗面具

バンダナ

食器(ボール、カップ、箸、スプーン、フォーク)

日焼け止めクリーム&リップクリーム

虫除けスプレー

タオル(洗面用の大きさの物×2)

双眼鏡

釣具一式(現地到着後フィッシングライセンスの購入が必要)

カメラ(予備フィルム数本)

筆記用具、文庫本

テルモス(温かい飲み物を常にそばに置いておきたい人)

蚊取り線香(カナダのものは効き目が弱い)

このページのトップへ戻る

お申込み / お問い合わせ

お問い合わせのページへ

■ メールには以下の内容をご記載の上、送信してください。

( 1 ) 全員のお名前 (漢字 / ローマ字):  ( 2 ) ご希望のツアー名:  ( 3 ) ご予約の日時:
( 4 ) お客様の人数 (※お子様がご一緒の場合は年齢もお願い致します):
( 5 ) ウィスラーでの滞在ホテル名:  ( 6 ) ウィスラー滞在期間(到着日、出発日):
( 7 ) クレジットカード情報(下記参照):

■ お支払いはウィスラー到着後、弊社カウンター、またはツアー催行会社にて承りますが、予約保証のためにクレジットカードが必要です。 以下のカード情報をメールに記載していただくか、ファックス、またはお電話で御報せ下さい。
※一部のツアーでは予約と同時にクレジットカードにチャージされる場合もございます。

クレジットカード( 7-1 ) カード番号:  
( 7-2) 有効期限:
( 7-3 ) 所有者名:
( 7-4 )カード裏 署名欄に印字されたセキュリティ番号(下3桁):

※ クレジットカードはVISAカード または、Masterカードのみ取り扱っております。