実際のツアーの様子をより詳しくお伝えするジャパナダスタッフの体験レポート

2009年7月23日 by Y.S. & Y.S.2

 

連日気温が30度近くまで上がる暑い日にWhistler Alpine Guides Breau社主催の氷河上ハイキングツアー(約3時間)に参加した。このツアーでは、日本には現存していない氷河の青氷の上を歩く経験を、手軽に体験できる。もちろん氷の上はツルツルなので、氷の上を歩くための道具(アイゼンやピッケル)を使って歩く。

氷河上ハイキングツアーの詳細情報はこちらをご覧ください。

 

ツアーの集合場所はウィスラー山ゴンドラ山頂駅からほど近い小屋の中。出発の15分ほど前には集合を目指してください。ただし、午前中最初のツアー(10:30開始)の場合、ゴンドラの営業時間の関係上、その時間の集合は物理的に無理です。もちろん待っていてくれますが、 朝一のゴンドラに乗車するようにしましょう。

ゴンドラ山頂駅周辺にはいくつか建物がありますが、こちらのマークが掲げられている建物が正解!

登山用具のレンタルをして、準備が整ったら、まずは雪と氷河の残るエリアまでのハイキングが始まります。

雪渓から顔を覗かせている氷河。画像左側に光る、氷の上を歩きます。

雪上歩行に入る前にアイゼンを装着し、全員がロープで繋がります。

氷河の上で記念撮影!

氷河を登りきり、山のコルに出ると反対側には氷河を抱いた山並みを眺めることができます。地球の壮大な歴史に思いを馳せてください。

登りは苦労した斜面ですが、下りは楽チン!どんどん下っていきます…と言っても結構な急斜面です。

ガイドがここからは安全と判断すれば、ロープとアイゼンをはずして、ブーツで滑って降りちゃうこともできます。
出発した小屋まで戻ってツアー終了となります。

この日のツアーの流れ

10:45 AM ウィスラー山の上のWhistler Alpine Guides Breau山小屋 に集合。
ブーツ・ハーネス・アイゼン・ピッケル・リュックサックのレンタル。
11:25 AM 準備が整ったら残雪エリアを目指して歩いて移動。
11:50 AM 残雪エリアに到着。15分ほどで装備を準備して参加者全員がロープでつながり、氷河目指して登って行きます。
12:35 PM 氷河を登りきり、ウィスラー山のコルに到着。登ってきたのとは反対側に広がる景色も見逃せません。
15分ほどこちらに滞在し、記念撮影・休憩を終えたら、下山に入ります。
13:30 PM 小屋まで戻ったら、レンタル用品を返却してツアー終了。
お疲れ様でした。
氷河上ハイキングツアーの詳細情報はこちらをご覧ください。

個人装備一覧

必需品 水分
オプション カメラ
休憩時に食べるためのスナック
天気の良い日はサングラスと日焼け止め
寒い日は上着を余分に一枚
ツアー後のための替えのくつした
虫除け(時期によっては蚊が出ます)

 

お申込み / お問い合わせ

お問い合わせのページへ

■ メールには以下の内容をご記載の上、送信してください。

( 1 ) 全員のお名前 (漢字 / ローマ字):  ( 2 ) ご希望のツアー名:  ( 3 ) ご予約の日時:
( 4 ) お客様の人数 (※お子様がご一緒の場合は年齢もお願い致します):
( 5 ) ウィスラーでの滞在ホテル名:  ( 6 ) ウィスラー滞在期間(到着日、出発日):
( 7 ) クレジットカード情報(下記参照):

■ お支払いはウィスラー到着後、弊社カウンター、またはツアー催行会社にて承りますが、予約保証のためにクレジットカードが必要です。 以下のカード情報をメールに記載していただくか、ファックス、またはお電話で御報せ下さい。
※一部のツアーでは予約と同時にクレジットカードにチャージされる場合もございます。

クレジットカード( 7-1 ) カード番号:  
( 7-2) 有効期限:
( 7-3 ) 所有者名:
( 7-4 )カード裏 署名欄に印字されたセキュリティ番号(下3桁):

※ クレジットカードはVISAカード または、Masterカードのみ取り扱っております。